Home > 生活保護 > 生活保護で自立を目指す

生活保護で自立を目指す

全ての国民に健康で文化的な最低限度の生活を営む権利があります。
その権利を確保するための制度が生活保護です。

国は全ての生活面において、社会福祉、社会保障、公衆衛生の向上と増進に努めなければならないとされています。
生活保護には厳しい審査があります。生活保護は世帯を単位として適用され、世帯全体の収入を合計して、最低生活費を上回るときは適用されません。
最低生活費は各自治体によって金額が違いますが、一人暮らしだと平均6~8万、二人暮らしだと平均9~12万、三人だと12~15万円くらいになるようです
生活保護受けるためには
①貯金、生活に利用されていない土地・家屋、解約し生活費に充ててください。
②働ける人は働く。
③年金や手当など他の制度で給付を受けることができる場合は、まずそれらを活用する。
④親族等から援助を受けることができる場合は、援助を受けてください。
それでも収入と厚生労働大臣の定める基準で計算される最低生活費を比較して、収入が最低生活費に満たない場合に、保護が適用されます。
生活保護はあくまでも自立をするための制度です。
楽をするための制度ではありません。
生活保護に甘えず、一日も早く自立への一歩を踏み出せる力をつけなければなりません。

生活保護で自立を目指す に関連する記事

Home > 生活保護 > 生活保護で自立を目指す

フィード
PartsLink
PVランキング PVランキング

Return to page top