Home > 所得税・住民税 | 所得税・住民税の控除 | 扶養控除・医療費控除 > 所得税・住民税の控除 配偶者控除・配偶者特別控除

所得税・住民税の控除 配偶者控除・配偶者特別控除

住民税の所得控除額は国税である所得税と若干の差異を持っています。下記の表に主なものを提示しますが、それ以外にも生命保険料控除額・損害保険控除額・寄付金控除額などにも違いがあります。

      基礎控除  配偶者控除  扶養控除  勤労学生控除
■所得税  ■38万円  ■38万    ■38万   ■27万
●住民税  ●33万円  ●33万     ●33万   ●26万

★配偶者控除・配偶者特別控除とは?
もし配偶者がいる場合、配偶者に所得がない場合や、あっても一定額に達していない場合には配偶者控除を受けることが可能です。
また、配偶者控除の対象となる配偶者とは、「納税者本人と生計を共にし、その所得が38万円以下の人物」を指します。ですが、事業を営んでいる場合などで、その事業の専従者となっている配偶者には適用されません。
※配偶者が重度の障害者で、納税者か生計を共にする他の親族と同居している場合には、控除額の割増し措置が受けられます。
★配偶者控除
配偶者控除を受けるための配偶者の収入は? パート収入の場合
控除対象配偶者の要件の一つとして「年間所得が38万円以下」という条件が設定されていますが、夫または妻がサラリーマンもしくはパートタイマーの場合、その年収は給与所得として年収に応じた給与所得控除が差し引かれ、所得が算定されます。
給与所得控除の裁定控除額は65万円とされていますので、配偶者の年間給与所得が103万円までなら、所得金額が38万円以下となって、配偶者控除の対象になります。つまり、給与収入103万円-給与所得控除65万円=所得金額38万円ということです。
★配偶者特別控除
配偶者控除は、配偶者の収入が、配偶者控除が適用される38万円を1円でも超過してしまった場合には、納税者の控除がゼロになってしまい、多大な税負担を強いる事になってしまいます。
そのために、配偶者控除適用額である38万円を配偶者の所得が超えてしまった場合に納税者の税負担を軽減させる制度が「配偶者特別控除」です。
※納税者本人の所得が1000万円を超える場合には適用されません。

所得税・住民税の控除 配偶者控除・配偶者特別控除 に関連する記事

Home > 所得税・住民税 | 所得税・住民税の控除 | 扶養控除・医療費控除 > 所得税・住民税の控除 配偶者控除・配偶者特別控除

フィード
PartsLink

Return to page top