Home > 不動産 | 所得税・住民税 | 確定申告 | 節税 > 所得税の税金対策

所得税の税金対策

不動産投資で賃貸経営を行うと確定申告で損益通産をする事が出来ます。家賃収入などから賃貸経営でかかる諸費用を差し引きことが出来るからです。

その差額が家賃収入より大きくなり税務上赤字になる事があります。その赤字となる部分を他の所得から差し引く事(損益通算)で所得合計が少なくなるので、所得税や地方税の税金対策になります。
確定申告するので給与所得など現前を納めた所得税の還付を受けることが出来ます。

■要経費として認められるもの
1.土地・建物に課される固定資産税・都市計画税
2.修繕費(資本的支出に該当するものを除きます)
3.損害保険料(掛け捨てのもので、その年分のみ)
4.不動産会社・管理会社への管理手数料
5.共用部分の電気代、水道代など
6.入居者募集のための広告宣伝費
7.税理士・弁護士などへの報酬
8.減価償却費・繰延資産の償却費
9.賃貸開始後に支払った住宅建築・購入時の借入金の利息
10.立退料
11.その他の雑費
(掃除、消耗品代入居者・不動産会社建設会社等の諸費用)
■アパート・マンション賃貸経営で相続税対策
賃貸アパートや賃貸マンションなどの敷地は、貸家建付地となって像族税評価額が減額されます。
また賃貸アパート・マンション業は相続税対策だけでなく、所得税の税金対策や固定資産税の税金対策にもなります。

所得税の税金対策 に関連する記事

Home > 不動産 | 所得税・住民税 | 確定申告 | 節税 > 所得税の税金対策

フィード
PartsLink
PVランキング PVランキング

Return to page top