Home > 介護 | 健康保険 > 介護保険で利用できるサービス

介護保険で利用できるサービス

「介護保険」の被保険者は年齢によって次の二つに区分され、サービスの利用条件や保険料の納め方等が異なります。

第1号被保険者
65歳以上の人病気等の原因を問わず、介護が必要と認められた場合に、介護サービスを利用できます。
第2号被保険者
40歳から64歳の人脳卒中や初老期における痴呆症など、15の「特定疾病」により介護が必要になった場合に限り、介護サービスを利用できます。
■加入者は介護保険料を納めます
65歳以上の人<第1号被保険者>介護保険料各市区町村ごとに基準額を設け、それをもとに本人の所得や世帯の所得によって原則5段階に設定されています。基準額は、市区町村によって異なります。
65歳以上の人の介護保険料
・第1段階 市町村民税世帯非課税の老齢福祉年金受給者等・生活保護被保護者等 基準額×0.5
・第2段階 市町村民税世帯非課税者等 基準額×0.75
・第3段階 市町村民税本人非課税者等 基準額×1
・第4段階 市町村民税本人課税者(被保険者の合計所得金額が250万円未満)等 基準額×1.25
・第5段階 市町村民税本人課税者(被保険者の合計所得金額が250万円以上) 基準額×1.5

■「介護保険」で受けられるサービス
介護保険で利用できるサービスには、家庭などで利用する「在宅サービス」と、介護保険施設に入所して利用する「施設サービス」があります。

■在宅サービス 家庭で利用できるサービス訪問介護
・訪問入浴介護
・訪問看護
・訪問リハビリ
・医師や歯科医師などによる居宅療養管理指導
・日帰り介護など通所しての介護(デイサービス)
・施設を利用するサービス老人保健施設などへ通所してのリハビリ(デイケア)
・福祉施設に短期間入所しての生活介護(福祉施設へのショートステイ)
・老人保健施設などに短期入所しての療養介護(医療施設へのショートステイ)
・福祉用具や住宅改修など車椅子やベッドなど福祉用具の貸与
・排泄、入浴に使われる福祉用具購入費の支給
・家庭での手すり取り付けなど改修費用の支給
・その他有料老人ホームなどでの生活介護
・痴呆性高齢者のグループホーム(「要支援」の人は利用できない)
■施設サービス 「要支援」の人は利用できません。
・特別養護老人ホーム常に介護が必要で、かつ在宅での介護が困難な人が入所できます。
・介護老人保健施設病状が安定していて、家庭に戻れるようにリハビリや看護などを中心とした医療を受ける人が入所できます。
・介護療養型医療施設病状が安定していて、長期にわたる医療の必要がある人が入所できます。

介護保険で利用できるサービス に関連する記事

Home > 介護 | 健康保険 > 介護保険で利用できるサービス

フィード
PartsLink
PVランキング PVランキング

Return to page top