Home > 扶養控除・医療費控除 > 埼玉県 不妊治療費助成制度

埼玉県 不妊治療費助成制度

埼玉県では、不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けた方を対象に、その治療費に対して1回の治療につき15万円まで、1年度当たり2回を限度に通算5年度まで助成をしています。

■対象者
次の全ての項目に該当する方が対象です。

(1)住所要件
夫婦の一方又は双方が県内(さいたま市及び川越市を除く)に住民登録があること。
◎さいたま市及び川越市にお住まいの方は、市が実施する事業を利用することとなります。詳しくはそれぞれの市保健所にお問い合わせください。
◎居住年数は問いません。

(2)所得要件
前年(1月~5月の申請にあっては前々年)における夫婦の所得の合計金額が730万円未満であること。

(3)対象治療の要件
指定医療機関において実施した、法律上の夫婦間における「体外受精治療」又は「顕微授精治療」。
県外の医療機関については、その医療機関が所在する自治体で指定されている場合に、助成の対象となります。

■助成内容
夫婦1組につき、対象となる治療の費用に対して、1回の治療につき15万円まで、1年度あたり2回を限度に通算5年度まで助成します。

■申請窓口
住所地を管轄する保健所に申請してください。

■助成金の支給
審査の結果、支給要件に合致している場合は助成金支給決定通知書を郵送し、指定された口座に助成金を振り込みます。
支給要件に合致しない等、助成金の支給ができない場合は、その理由を記載した助成金支給不承認通知書を郵送します。

■ご注意
助成金支給申請は、原則として治療が終了した日の属する年度内に、治療終了後速やかに行ってください。

埼玉県 不妊治療費助成制度 に関連する記事

Home > 扶養控除・医療費控除 > 埼玉県 不妊治療費助成制度

フィード
PartsLink

Return to page top