Home > 所得税・住民税 > 源泉徴収のしくみ

源泉徴収のしくみ

自分が所得税をいくら払っているかを知らないサラリーマン(ウーマン)が多いようです。確かに、自分のお財布から所得税を払っているわけではありません。

お給料から天引きされているため、税金を納めている実感がないのですね。
このお給料から天引きされることが「源泉徴収」といいます。
「源泉徴収」とは、所得の支払者(会社)が、その(給与)支払時に所定の所得税を徴収して国に納付するというものです。給与などの所得が支払われる前に、所得税を差し引いて納付もれがないようにしようということですね。
所得を支払う側(会社)は、支払いがあった翌月にはその徴収した所得税を国に納付しています。会社が税金の徴収を代行しているともいえます。この源泉徴収制度ですが、お給料以外にも適用されていますよ。
■扶養者の数と給与額によって税額が決まる
この源泉徴収される金額はどのように決まるのでしょうか? 国税局から「源泉徴収税額表」が出されており、そこから源泉徴収するべき金額がわかるようになっています。
給与の場合は、支払われる給与の金額と扶養親族の数によって税額が決まります。退職金の場合は、勤続年数と退職金の金額によって決まります。
■源泉徴収票の再発行
源泉徴収票の再発行は会社だけではなく住民税を納めてる市役所(区役所)でも発行してくれます。
会社でも再発行はしてくれます、どちらか便利なほうを選択しましょう。

源泉徴収のしくみ に関連する記事

Home > 所得税・住民税 > 源泉徴収のしくみ

フィード
PartsLink

Return to page top