Home > 扶養控除・医療費控除 | 確定申告 > 確定申告による還付金額は?

確定申告による還付金額は?

確定申告の中でも代表的な医療費控除ですが、どのように控除されるのでしょうか。
申告際に医療費がどれだけかかったのか証明できれば確定申告が行えます。

基本的にはその証明と自分を証明できるもの、そして銀行の通帳と印鑑、そして会社からもらえる源泉徴収票があれば何も予備知識がなくても税務署までいけば問題なく行えます。
《還付金の計算方法》
1年間に医療費で30万かかったとします。それから10万円を引いて残った20万円を10で割った金額が、確定申告を行った際に還付される金額になるわけです。
この費用というのは単純に病院の治療でかかった費用だけではなく、通院のための交通費やその病気の治療の為に必要な市販されている薬、付き添いの方への賃金や食事代、寝たきりの人のおむつ代なども含まれています。
もちろんこれはお金をもらえるわけではなく、税金を多く支払いすぎた人がそれを返してもらう、というニュアンスのものですが、対象になるかどうかわからないものは領収書をもらうようにし、自分でこの領収書は何の為の領収書だったのかをきちんと把握できるようにしておきましょう。
基本的に確定申告でわからない事は税務署に聞けば教えてもらえますし、みなさんがイメージしている程、そんなに面倒なものではありません。
確定申告という言葉だけでイメージとしてだいぶ面倒なものというイメージがあると思いますが、一度してしまえば次の年からはもう面倒だとは思わなくなるでしょうし、毎年やればそれだけきちんと税金を返してもらえるようになります。
1年に1度の事なので、なれるまでには時間がかかるかもしれませんが、小さな積み重ねが、大きな積み重ねとなるので、払いすぎた税金は損をしないように賢く確定申告を行いましょう。

確定申告による還付金額は? に関連する記事

Home > 扶養控除・医療費控除 | 確定申告 > 確定申告による還付金額は?

フィード
PartsLink

Return to page top