Home > 災害 > 被災した女性の為の相談窓口 パープルホットライン

被災した女性の為の相談窓口 パープルホットライン

避難所等での生活は、プライバシーもなく、多くの人と生活を共有しなければならない。そんな日々は、計り知れないストレスとなることでしょう。その中のでも特に、女性が避難所生活を送るには不便な事が多様にあります。

しかし、多くの人が生活に困っている中、自分の悩みを口出す事は心苦しいと、悩みを言えない女性も多いのです。実際に女性が避難所で生活するには、様々な弊害があることは事実です。そんな悩みを抱えている女性に対して、小さな悩みでも、相談できる窓口があります。
【パープル・ホットライン(NPO法人全国女性シェルターネット)】
24時間のフリーダイヤル(0120-941-826)による電話相談を行っています。
避難所等での生活が長引く中で、性暴力や配偶者間暴力等の女性に対する暴力への懸念が広がっており、関係機関と連携の上、「人目のないところを一人で歩かない」などの注意喚起を含め、対策がとられています。女性の皆様が、被災や避難生活などによる様々な悩みを相談できるよう、国や地方自治体が相談窓口を設けていますので、ご利用ください。
この窓口は、被災された女性だけでなく、下記のような悩みを抱えている女性の電話相談も受け付けています。一人で抱え込まず、まずは相談してみましょう。
*被災された女性のご相談
*DV、レイプ、セクシュアルハラスメントなど女性に対する暴力被害のご相談
*子どもの虐待に関すること
*セクシュアルマイノリティの方のご相談
*外国籍女性の相談
*法律的なご相談:火曜日と木曜日10時から17時まで
(日本弁護士連合会のご協力で弁護士がご相談を受けます)
*シングルマザーの相談:火曜日10時から21時までと木曜日10時から17時まで
■子育て支援
子育てをしながら仕事を探している方を応援するマザーズハローワーク・マザーズサロン・マザーズコーナーでは、小さいお子さんをお持ちのお母さん・お父さんが安心して再就職の相談ができる窓口があります。
仕事を探しをしたいが、子供を預けられる場所がない。育児と家事を両立しなければならない。出産を機に退職したが、再就職したい。子育てをしながら働くための情報を得たい。
この様なニーズをお持ちのお母さん・お父さんの相談を受け、子育てをしながら働く為のサポートをしてくれます。
子供の為にも、自分の為にも、一人で抱え込まず、公共のサービスを利用し、新しい生活を見出す一歩を踏み出しましょう。このサービスは、担当者制なので、じっくりと相談が受けられ再就職の支援だけでなく、保育所など子育てについての情報も提供してくれます。

被災した女性の為の相談窓口 パープルホットライン に関連する記事

Home > 災害 > 被災した女性の為の相談窓口 パープルホットライン

フィード
PartsLink
PVランキング PVランキング

Return to page top