Home > 保険 | 所得税・住民税 | 所得税・住民税の控除 | 節税 > 生命保険料控除制度の改正で損をする人

生命保険料控除制度の改正で損をする人

2010年の税制改正により生命保険料控除が改正されます。
その内容は、これまでの適用限度額を5万円から4万円に下げ、新たに介護医療保険料控除の項目が追加されました。

全体の控除適用限度額としては、10万円から12万円までに拡大されることとなります。
これまでの所得税の生命保険料控除は、一般生命保険料控除/適用限度額5万円と、個人年金保険料控除/適用限度額5万円の合計10万円が控除額でした。
今回の改正後は、一般生命保険料控除/適用限度額4万円と、個人年金保険料控除/適用限度額4万円と介護医療保険控除/適用限度額4万の合計12万円に変更されます。
住民税の生命保険料控除は合計金額は変わりませんが、所得税と同じく、介護医療保険控除の項目が追加されます。
これまでは一般生命保険料控除/適用限度額3.5万円と、個人年金保険料控除/適用限度額3.5万円の合計7万円が控除額でした。
改正後は一般生命保険料控除/適用限度額2.8万円と、個人年金保険料控除/適用限度額2.8万円と介護医療保険控除/適用限度額2.8万の合計適用限度額合計7万円の内訳となります。
この制度の概要は、介護保障・医療保障に対する、契約者を支援する目的で新設されました。2010年に改正されたこの制度が開始されるのは、2012年1月1日以降に締結された契約が対象です。住民税は2013年より適用される予定です。
この期日よりも前に締結された契約は今回の改正の対象外となり、これまで通りの控除が適用されます。また、旧契約の保険料と新契約の保険、両方に加入していた場合には、それぞれの上限を4万円とするという改正も盛り込まれています。たとえば、旧契約の保険料(一般タイプのもの)5万円の生命保険料控除&旧契約の保険料(個人年金タイプのもの)5万円の生命保険料控除&新契約の保険料(介護医療保険タイプのもの)4万円の生命保険料控除ということになり、単純に加算すると14万円の生命保険料控除となるのですが、このような場合の限度額は12万円に調整されるということです。
生命保険料控除制度の改正が決まったのが2010年、適用が開始されるのが2012年と、1年近く猶予があります。
その間に、保険の見直しを考えている方は注意が必要です。この猶予期間に、いくら保険料が安いプランに加入しても、損をしてしまう場合もあります。保険の見直しの際は、新しい控除制度と 見比べて検討するようにしましょう。
契約日が2011年12月31日以前の契約は、2012年1月1日以降も現行の制度が適用されますが、転換・特約中途付加等を行った場合、変更した日以後、改正後の控除が適用できるようになります。加入している保険会社へ問い合わせてみましょう。

生命保険料控除制度の改正で損をする人 に関連する記事

Home > 保険 | 所得税・住民税 | 所得税・住民税の控除 | 節税 > 生命保険料控除制度の改正で損をする人

フィード
PartsLink

Return to page top