Home > 年末調整 | 扶養控除・医療費控除 > 平成23年度の年末調整 変更点

平成23年度の年末調整 変更点

平成23年度より、扶養控除の内容が見直しされ、一部廃止となる控除があります。年末調整記入の際は注意しましょう。

■扶養控除の見直し
①16歳未満の扶養親族の扶養控除が廃止となりました。よって、扶養控除の対象は16歳以上の扶養親族が対象になります。

②16歳以上19歳未満の人の扶養控除の上乗せ部分(25万円)が廃止となりました。よって、16歳以上19歳未満の人の扶養控除額は38万円になります。これに伴い、特定扶養親族の範囲が、年齢19歳以上23歳未満の扶養親族に変更されました。

■障害者扶養控除の見直し

★一般の扶養親族
同居特別障害者の場合
【従来】
障害者控除(特別障害者)40万+扶養控除73万(扶養控除38万+同居特別障害者加算35万)

【見直し後】
障害者控除(同居特別障害者)75万+扶養控除38万

★年少扶養控除
①特別障害者の場合
【従来】
障害者控除(特別障害者)40万+扶養控除38万)

【見直し後】
障害者控除(特別障害者)40万のみ

②同居特別障害者の場合
【従来】
障害者控除(特別障害者)40万+扶養控除(扶養控除38万+同居特別障害者加算35万)

【見直し後】
障害者控除(同居特別障害者)75万のみ

上記、見直し箇所の通り、年少扶養親族の障害者控除額に大きな変更点があります。
ちなみに、障害者控除とは、扶養者本人、または扶養親族が障害者の場合に適用されます。
障害1・2級(精神障害は1級)に該当する人がいる場合は、「同居特別障害者」とみなされます。
仮に、扶養親族に、障害1・2級の人がいたとすると、障害者控除40万+扶養控除38万に、同居障害者控除加算35万が加算されていました。

平成23年度の年末調整 変更点 に関連する記事

Home > 年末調整 | 扶養控除・医療費控除 > 平成23年度の年末調整 変更点

フィード
PartsLink

Return to page top