Home > 健康保険 | 生活 > 引っ越しをするときの役所の届け出手続き

引っ越しをするときの役所の届け出手続き

引越しをするときには、市・区役所で転出届の手続きをおこなわなければなりません。
転出届のほかにも印鑑登録や国民健康保険の変更手続きも必要になります。
引っ越しの準備で忙しい時に、何度も役所へ足を運ぶことがないように
必要な手続きは一度に済ませられるように、事前に必要事項を確認しておきましょう。

■引っ越しがきまったら
引っ越しがきまったら、現在お住まいの市・区役所で転出届を提出し【転出証明書】を発行してもらいましょう。この転出証明書は引越し先の市区町村役場で転入届の手続きをする時に必要になりますので紛失しないようにしましょう。

転出届の手続きは役所によって14日前からしか受け付けてもらえない場合もあるので、事前に確認しておきましょう。この手続きは引っ越しの2週間前くらいに済ませておくと安心です。

窓口に行く場合に用意するもの
・転出届 1通
・提出しに行く人(代理人も含む)の身分証、印鑑(必要な場合も有るため)
・代理人にお願いする場合は、委任状と印鑑(シャチハタ不可)
下記は加入者、登録者のみ必要です
・住民基本台帳カード
・印鑑登録証
・国民健康保険証
・後期高齢者医療被保険者証
・介護保険被保険者証
・その他、乳幼児医療証等の市区町村役場で発行しているもの
郵送の場合
・郵送の依頼書 1通
・本人確認書類(免許証・健康保険証等)のコピー 1通
・返信用封筒(長4以上)自分の宛名と宛先を書き、切手を貼って入れます。

■引っ越しが済んだら
新しい住まいへ引っ越ししたら、お住まいの市・区役所へ【転入届け】の提出が必要です。この届け出の手続きによって住民票が変更されます。
転入届けの手続きは住み始めてから14日以内におこなわなければなりません。もしこの期限を過ぎてしまった場合、手続きをすることは可能ですが、市・区役所によっては罰金を徴収される場合もあるので、住みはじめたらまずは転入届の手続きをおこないましょう。

窓口に行く場合に用意するもの
・転出証明書
・本人確認書類(代理人の場合も必要)
・印鑑(必要な場合も有るため)
下記は加入者、登録者のみ必要です
・国民年金手帳
・国民健康保険被保険者証
(転入先の世帯が国保に加入していて、転入者も国保に加入する場合)
・介護保険受給資格証明書
・年金受給者は、年金証書
・児童手当用の所得証明書(児童手当の認定請求手続きを行う方) 等

■引っ越し先が同じ市区町村の場合は
同一市区町村内での移動の場合は住民票の変更が必要ないので、引っ越し前に行う手続きはありません。新しい住まいに住み始めた日から14日以内に【転居届】を提出します。

窓口に行く場合に用意するもの
・転居届 1通
・身分証
・印鑑(必要な場合も有るため)
下記は加入者のみ
・国民健康保険被保険者証
・国民年金手帳

引っ越しをするときの役所の届け出手続き に関連する記事

Home > 健康保険 | 生活 > 引っ越しをするときの役所の届け出手続き

フィード
PartsLink

Return to page top