Home > 保険 | 年末調整 | 所得税・住民税 | 所得税・住民税の控除 | 確定申告 > 平成24年(2012年)の年末調整 生命保険料控除が改正

平成24年(2012年)の年末調整 生命保険料控除が改正

平成24年度税制改正にともない、生命保険料控除制度が改正されました。
この改正により平成24年度の各生命保険料控除の合計適用限度額が変更となります。

■平成24年度 生命保険料の控除 金額変更内容
これまでの生命保険料控除は、一般生命保険料控除と個人年金保険料控除の2種類とされており、それぞれの控除の適用限度額は5万円(合計適用限度額が10万円)でした。
平成22年度の改正により、生命保険料控除が改組され、平成24年以後の所得税から、介護医療保険料の控除が追加され、各生命保険料控除の合計適用限度額が12万円となります。

 <平成23年度までの控除内容>
  ・生命保険料   上限5万
  ・個人年金保険料 上限5万円

 <平成24年度からの控除内容>
  ・生命保険料   上限4万
  ・個人年金保険料 上限4万
  ・介護医療保険料 上限4万

平成23年以前に契約した保険料は、今後もこれまで通り上限5万円の旧控除額が適用されます。
平成24年1月1日以降に契約したもの対して、今回の新生命保険料の控除が適用されます。

■介護医療保険料の対象になる契約とは
介護医療保険料の対象になる契約とは、入院・通院等にともなう給付部分に係る保険料が対象となります。
死亡保障と介護・医療保障を兼ねた組込型保険については、一定の条件を満たす場合に「介護医療保険料控除」の対象となります。
そのため、死亡保険金額と生前給付金額が同額である商品については、介護医療保険料控除ではなく一般生命保険料控除の対象となります。

■生命保険料の控除対象外になるもの
「傷害特約」・「災害割増特約」など身体の傷害のみを原因として保険金が支払われる特約等に係る保険料は生命保険料控除の対象外となります。このため、実際の払込保険料と生命保険料控除証明書に記載されている金額が異なる場合があります。

平成24年(2012年)の年末調整 生命保険料控除が改正 に関連する記事

Home > 保険 | 年末調整 | 所得税・住民税 | 所得税・住民税の控除 | 確定申告 > 平成24年(2012年)の年末調整 生命保険料控除が改正

フィード
PartsLink

Return to page top