Home > 所得税・住民税

所得税・住民税

住宅ローン控除をフル活用するには? ペアローンのメリットデメリット

住宅ローンには4タイプの返済方法があります。住宅ローン控除は、この返済方法によって受けられる控除額が変わってくるため、自分たちのライフプランを5年後・10年後と先を見据えることが重要になります。 全文を読む

平成24年(2012年)の年末調整 生命保険料控除が改正

平成24年度税制改正にともない、生命保険料控除制度が改正されました。
この改正により平成24年度の各生命保険料控除の合計適用限度額が変更となります。
全文を読む

青色申告と白色申告の違い

所得税の確定申告には白色申告と青色申告の2種類の申告方法があります。ただし、青色申告を行えるのは、事業所得(小売業やサービス業の儲け)、不動産所得(アパートや駐車場の賃貸などによる儲け)、山林所得(材木や立木の売却による儲け)の3種類の所得区分に当てはまる人になります。
全文を読む

生命保険料控除制度の改正で損をする人

2010年の税制改正により生命保険料控除が改正されます。
その内容は、これまでの適用限度額を5万円から4万円に下げ、新たに介護医療保険料控除の項目が追加されました。
全文を読む

親を扶養に入れることによる損得

高齢化が進む今、親を扶養家族に入れたいと考える人も多いことでしょう。親を扶養家族に入れるメリットはあっても、デメリットは特にありません。
全文を読む

子ども手当による扶養控除廃止 その増税額は

2011年の1月から、子ども手当の創設や高校実質無償化の代わりに16歳未満の一般扶養控除と16歳から19歳までの特定扶養控除の一部が廃止されます。
全文を読む

源泉徴収のしくみ

自分が所得税をいくら払っているかを知らないサラリーマン(ウーマン)が多いようです。確かに、自分のお財布から所得税を払っているわけではありません。
全文を読む

非課税給料の内訳

サラリーマンの場合その給与には源泉所得税が課税されますが、そのなかには通勤手当や福利厚生費など課税されない部分が含まれています。これらは社会通念上、課税することが適当でないとされるからです。
全文を読む

株で得た所得の税金

株の売買で得た所得
個人の場合、株の売買で得た所得にも税金がかかります。この場合、課税の方法には申告分離課税と源泉分離課税の2種類あり、上場株式の売買の場合はそのどちらかを選ぶことが可能です。
全文を読む

2010年度税制改革により扶養控除額が変わります

昨年発足した民主党政権によって「子ども手当」や「高校無償化」が実現することになりました。
全文を読む

1 / 212

ホーム > 所得税・住民税

フィード
PartsLink
PVランキング PVランキング

Return to page top