Home > 扶養控除・医療費控除

扶養控除・医療費控除

平成23年度の年末調整 変更点

平成23年度より、扶養控除の内容が見直しされ、一部廃止となる控除があります。年末調整記入の際は注意しましょう。
全文を読む

共働き夫婦の税金事情

共働き夫婦の一番のメリットはお金です。妻が正社員として働いている方は、できるだけ長く勤めるに越したことはありません。パートやアルバイトの場合は103万円というキーワードをよく耳にしますが、正社員の場合は別です。
全文を読む

親を扶養に入れることによる損得

高齢化が進む今、親を扶養家族に入れたいと考える人も多いことでしょう。親を扶養家族に入れるメリットはあっても、デメリットは特にありません。
全文を読む

子供のメガネも医療費控除に?!

医療費控除は生計を一つにして生活している家族分の医療費が、10万円を超えた場合に適用されます。「生計が一つ」とは、かならずしも同居が必要なわけではありません。
全文を読む

確定申告による還付金額は?

確定申告の中でも代表的な医療費控除ですが、どのように控除されるのでしょうか。
申告際に医療費がどれだけかかったのか証明できれば確定申告が行えます。
全文を読む

子ども手当による扶養控除廃止 その増税額は

2011年の1月から、子ども手当の創設や高校実質無償化の代わりに16歳未満の一般扶養控除と16歳から19歳までの特定扶養控除の一部が廃止されます。
全文を読む

年末調整の注意点と書き方

■保険料控除申告書欄に書ききれない
保険料控除申告書欄が足りない方は紙を足したり、別紙にわかるように書いていただければ問題ありません。
全文を読む

埼玉県 不妊治療費助成制度

埼玉県では、不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けた方を対象に、その治療費に対して1回の治療につき15万円まで、1年度当たり2回を限度に通算5年度まで助成をしています。
全文を読む

扶養親族の所得控除

■扶養親族とは?
納税者に所得税法上の扶養親族がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを扶養控除といいます。
全文を読む

扶養を外すタイミングは?

学生だった子どもが就職しないまでもアルバイトで稼ぎ始めた。アルバイトといっても結構稼いでいるらしい。今までは扶養家族としていたが、どれくらいの収入になれば扶養を外さなければならないのか?
全文を読む

1 / 212

ホーム > 扶養控除・医療費控除

フィード
PartsLink
PVランキング PVランキング

Return to page top