Home > 雇用

雇用

出産する人は覚えておきたい育児休業給付金と出産手当金の計算方法や受給条件

出産を機に支給される給付金には、加入している健康保険組合から支給される出産手当金(産前42日・産後56日)と出産手当の支給終了後に雇用保険から支給される育児休業給付金とがあります。
全文を読む

失業給付金の受給期間が延長できます。

失業給付金は、定年や倒産、自己都合により職を離れた人が、失業中の生活を心配せず、新しい仕事が探せるように、生活費の一部を補助する制度です。
失業給付は一年間の給付期間がありますが、妊娠、出産、育児、病気、介護が理由で30日以上引き続き働くことができなくなった場合、申請をすると三年間延長する事ができます。
全文を読む

失業給付金の受給資格条件

失業給付金は、各々の理由により会社を退職し、次の就職を安心して探せるように支援する制度です。
給付金を受給するためには、雇用保険を支払っている期間が必要です。
全文を読む

若者完全失業率増加により新卒者就職支援を強化

若者(15~24歳)の完全失業率は、9.1%(平成21年平均)と、依然年齢計(5.1%)に比べて相対的に高水準で推移しています。
全文を読む

失業保険と再就職手当

失業保険は退職者の全員が受給できるものではなく、一定の要件を満たした方のみ受けとることができます。雇用保険、失業保険、どちらの言葉もよく使われますので、イコールであるということを憶えておきましょう。
全文を読む

法律で守られている雇用条件

解雇トラブルになる前に
事業主と従業員、「会社」というひとつの船に乗っているわけですから、できるだけ協調・協同しながらやっていくのが理想です。しかしうまくいかないケースもあります。 雇用問題でできるだけトラブルにならないために、解雇について把握しておきましょう。
全文を読む

会社を辞めると厚生年金はどうなるの?

会社員が入る厚生年金には、会社を辞めると加入することはできません。代わりに国民年金へ移って、厚生年金時代の保険料納付期間そのまま継続することになります。なので、これまで支払ってきた厚生年金はムダにはなりません。
全文を読む

会社都合の場合の失業保険の支給金額と支給日数

雇用保険では、被保険者が会社を辞め再就職をする際、生活を心配せず次の仕事を探せるよう手当(失業給付金)が支給されます。
実際に会社を辞めた時、失業給付金はいくらもらえるのか、いつまでもえるのかご存知ですか? 全文を読む

妊娠・出産・育児による解雇は禁止

労働基準法や男女雇用機会均等法でいろいろ決まっていることは会社は遵守しなくてはなりません。一番重要なのが、妊娠、出産,育児休暇取得を理由とした解雇、その他不当な扱いは禁止されています。
全文を読む

知っておきたい雇用保険

労働者が失業して収入源を失ったとき、または労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じたとき、または労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合などに、生活および雇用の安定と就職の促進のために失業等給付を支給します。
全文を読む

ホーム > 雇用

フィード
PartsLink
PVランキング PVランキング

Return to page top