Home

生活に役立つ国の制度

埼玉県 不妊治療費助成制度

埼玉県では、不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けた方を対象に、その治療費に対して1回の治療につき15万円まで、1年度当たり2回を限度に通算5年度まで助成をしています。
全文を読む

改正貸金業法 借入は年収の3分の1まで

経営難に陥った消費者金融大手の武富士は28日午後に会社更生法の適用を東京地方裁判所に申請する方向で最終調整していることがわかった。「過払い利息」の返還が重荷となって資金繰りが厳しくなった。
全文を読む

失業保険と再就職手当

失業保険は退職者の全員が受給できるものではなく、一定の要件を満たした方のみ受けとることができます。雇用保険、失業保険、どちらの言葉もよく使われますので、イコールであるということを憶えておきましょう。
全文を読む

法律で守られている雇用条件

解雇トラブルになる前に
事業主と従業員、「会社」というひとつの船に乗っているわけですから、できるだけ協調・協同しながらやっていくのが理想です。しかしうまくいかないケースもあります。 雇用問題でできるだけトラブルにならないために、解雇について把握しておきましょう。
全文を読む

会社を辞めると厚生年金はどうなるの?

会社員が入る厚生年金には、会社を辞めると加入することはできません。代わりに国民年金へ移って、厚生年金時代の保険料納付期間そのまま継続することになります。なので、これまで支払ってきた厚生年金はムダにはなりません。
全文を読む

扶養親族の所得控除

■扶養親族とは?
納税者に所得税法上の扶養親族がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。これを扶養控除といいます。
全文を読む

限度額を超えた医療費が返還される制度「高額医療費制度」

高額医療費制度は、1カ月間に一つの病院や診療所で支払った医療費の自己負担分のうち、一定限度(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される制度です。
全文を読む

非課税給料の内訳

サラリーマンの場合その給与には源泉所得税が課税されますが、そのなかには通勤手当や福利厚生費など課税されない部分が含まれています。これらは社会通念上、課税することが適当でないとされるからです。
全文を読む

株で得た所得の税金

株の売買で得た所得
個人の場合、株の売買で得た所得にも税金がかかります。この場合、課税の方法には申告分離課税と源泉分離課税の2種類あり、上場株式の売買の場合はそのどちらかを選ぶことが可能です。
全文を読む

企業年金とはなんでしょう

企業年金とは一言でいうと、企業が社員に対して年金を支給する仕組みです。ただし、詳しく見ていくと企業年金といっても様々な種類があり、条件も違います。
知っているようで知らない、分かりづらい企業年金を簡単に解説していきます。
全文を読む

Home

フィード
PartsLink
PVランキング PVランキング

Return to page top